【6月16日開催】【第26回交流会】代表挨拶

第26回交流会まであと9日となりました!

本日は弊団体の代表、戸嶋寛太より代表挨拶をお送りいたします!

fb_代表挨拶-80

 

ウルフルズの「ええねん」って知ってますか。

 

あんなにポジティブな曲はないと思います。

失敗して転んで傷ついても、

情けなくなって後悔して泣いても、

何も言わなくても何も持っていなくても、

トータス松本の全力の「ええねん」がそっと背中を押してくれる歌です。

 

僕は、交流会は「ええねん」の場だと思っています。

どんなに進路に迷っていても、どんなに今の自分が不甲斐なくても、

それで「ええねん」と言ってくれる、心の底から応援してくれる、

「大人」が、「仲間」が、絶対にそこにはいます。

 

なんでも「ええねん」と背中を押す姿勢は、あるいは無責任に聞こえるかもしれません。

 

しかし、大事なのは、自分の全てをかけて、自分を、他者を、受け入れることだと思います。

 

人は、様々な人や環境に出会う中で、キャリアを選択します。

その選択は一つの結果であると同時に、何かの原因となっている。

 

この複雑な因果を自覚して、心の動きに素直に従うこと、

その上で、今の自分を形づくる、人や環境に対して感謝の気持ちを伝えることこそが、

キャリアを選ぶ上でも、「大人」として生きていく上でも、大切なことなのではないでしょうか。

 

大事なのは、自分の全てをかけて、自分を、他者を、受け入れること。

 

価値観とか社会とか、成功とか挫折とか、好きな音楽とか女の子の話とか。

何かを語り、語ることで初めて、交流が生じていく。

未知なる出会いと交流を通して、相手を、自分を、本気で受けとめあう場が交流会だと思います。

 

6/16(土)、本気の「ええねん」があなたを待っています。

そのために、何ヶ月も前からメンバー一同本気で準備してきました。

 

少しでもそういう場がええなあと思ったら、ぜひ覗きにきてください。

僕の言葉で誰かが動いてくれれば、「ええねん」冥利に尽きます。

 

東大ドリームネット14期代表 戸嶋寛太

 

第26回交流会のお申し込みはこちらから!

https://www.e-space.ne.jp/careersupport.adm.u-tokyo.ac.jp/event/pc/index.php?m=1&no=cWLtzzN