代表挨拶

 

東大ドリームネットは、設立以来、「知の創造的摩擦プロジェクト」の企画・運営を通じて東京大学におけるキャリア教育の中核を担い、「自らの意志によって『生き方』を選択し、社会に対して最大限貢献することのできる人材を本学から輩出すること」を目標にして、活動してきました。

現代は変化の時代と言われています。グローバリゼーションやAI・再生医療などの技術革新はまもなく人間社会にパラダイム転換をもたらすでしょう。こうした時代だからこそ、最先端の知を探究する私たち東大生には自らの志を確固とし、社会を巻き込んで挑戦していくリーダーシップが求められています。

しかしながら、こうした激動にあって、私たちを取り巻く環境・選択肢は多様性と流動性を極めています。一人の大学生が自分の志、本当にやりたいことを見つけることはますます難しくなっているのではないでしょうか。同じく悩んでいる者として、そうした学生に寄り添うことが私たちの活動の根幹です。そして、同じ悩みを乗り越えてきた東大卒業生の方々のお力添えを受けながら、一人でも多くの東大生に内省の機会と社会の知を提供し、主体的なキャリア選択を促すことを目指しております。

現役東大生のみなさん。「交流会」では今までの自分の殻を破る経験ができるはずです。「語る会」では興味分野の最先端にいる卒業生が向き合ってくれます。ドリームネットは他にも様々な取り組みを行っています。今後とも、私たちの活動に興味を持ってお越しくださる方々の期待に応えられるよう日々努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

私たちの活動は、多くの方々のご協力によって成り立っています。事務面でお世話になっている東京大学キャリアサポート室・卒業生室のみなさまや、企画に協力して下さる東大三四郎会をはじめとする卒業生のみなさまには大変感謝しております。

東大ドリームネット代表 田中雄大

yudai.tanaka@todai-dream-net.com