団体概要

東大ドリームネットとは

東京大学「知の創造的摩擦プロジェクト」の企画・運営を担う学生団体です。

日本・世界の未来を担う東大生が、今の時代に必要とされる価値を発揮出来る人材となるため、社会の第一線で働く東大卒業生との出会いの場を提供することで、将来やりたいことや成し遂げたいことを見つけるために行動したり、見つけた上でそれに向かって行動し、主体的なキャリアを選択すること目的として活動しています。

2005年に設立され、現在第15期が企画、運営しています。

 

2005年に、当時の小宮山総長の下でスタートし、東京大学、東京大学三四郎会、東京大学学生団体ドリームネットが共同で企画・運営する東大生のためのプロジェクトです。

東大卒業生120人と現役学生400人が本音で対話する「交流会

学生の問題意識に基づいて特定のテーマについて議論する小規模の「語る会

各界を代表する著名な東大卒業生による「講演会

を開き、東大の学生同士および卒業生との「知の摩擦」を生み出しています。

東京大学の公式プロジェクトとして、キャリアサポート室・卒業生室の皆様、卒業生有志同窓会組織である東京大学三四郎会をはじめとする東大卒業生の方々のご協力の下で、運営されています。