【第14回東大卒業生と語る会 留学企画】参加レポート

_C7A300007

2017年12月17日(日)、東大ドリームネット主催の「第14回東大卒業生と語る会 留学企画」が駒場キャンパスにて開催されました。

グローバル化が進み、留学を考える東大生が増える中、当企画では、

a)学生に様々な形の留学を知ってもらい、未来の選択肢を広げる。
b)「留学に対する目的」を考えてもらい、参加学生の留学の価値を最大化する+なりたい将来像を明確に持ってもらう。

の2つをコンセプトとして開催しました。
当日は、留学を経験された6名の東大卒業生をお招きしました。 「在学中の留学、または社会人になってからの留学」「企業・官公庁・大学などの提供している留学、または自費での留学」「現地の学部への留学、大学院への留学、ビジネススクールへの留学、または研究所への留学」といったように、さまざまな形の留学をそれぞれ経験されていました。複数回留学を経験されている方も半数程度いらっしゃいました。

企画の構成としては、前半では卒業生の方々によるパネルディスカッション、後半では卒業生と学生のグループディスカッション、そしてその後に懇親会といたしました。

パネルディスカッションでは、卒業生それぞれが今までのキャリアなども含めて自己紹介した後、様々なトピック・質問について議論・解答していただきました。「なぜ留学に行ったのか」「自らが考える留学のメリット」などはもちろん、「海外でしか学べないこと(東大で学べないこと)はあるのか」「留学のデメリット」などの突っ込んだトピックもありました。経験している留学はそれぞれであり、多くの卒業生に共通している意見・卒業生の間で異なっている意見の双方があり、深く、盛り上がったディスカッションとなりました。

グループディスカッションは、学生・卒業生あわせて6人ほどのグループに分け、話しやすい雰囲気の中で行われました。「なぜ(どのような現状意識があって)留学をしたいのか」「留学を通してどうなりたいのか」を学生が言語化し、卒業生にフィードバックをもらうという形でした。
「まだ留学に行くか決められていない」「留学について不安に思っていること・悩んでいることがある」といったことについても、卒業生は親身になって考えてくださいました。

参加学生は、実際に留学を経験された多くの卒業生と接することで一人では持てない視点を取り入れ、より深く留学について考えることができたと思います。また、留学という視点からこれからの将来全体を考えることにより「人生における価値観」とも言えるものをより明確にできる機会になったのではないでしょうか。