【第14回卒業生と語る会】【インタビュー企画】テレビ企画統括インタビュー

テレビ企画 ホームページ 画像 【第14回東大卒業生と語る会】【テレビ企画】テレビ企画統括インタビュー

「テレビ企画って何やるんだろう?」

「テレビ企画」ってただ言われてもこんな風に思う方いらっしゃいますよね?

そういった疑問、不安にお答えすべく本日はテレビ企画の統括、佐藤孝樹くん(1年)にこの企画について語っていただきました!

インタビュー形式でお届けします!インタビューアーは弊団体のメンバー、成瀬(2年)が務めます。

テレビ企画のコンセプト
成瀬
まずどうしてテレビ企画をやろうと思ったの?
 
佐藤
自分の中で「ドリームネットに入ったんだからやりたいことをやろう」っていう考えがあって、それをこのテレビ企画を通して実行したいと思いました。あと時間もそれなりにあったのでやろうって思いました(笑)
 
成瀬
そういえばドリームネット入って間もない頃にも言ってたね?
 
佐藤
そうです!昔からテレビに興味があって、高校生の時『ドラマ甲子園』っていうイベントをネットサーフィンしてたら見つけたんで高3の時応募しました。一応脚本とかは自分で書いて、ありがたいことにその脚本が入賞して自分が監督の立場になって映像化することができました。振り返るとその頃の経験は結構貴重だったなと思います。
 
成瀬
ドラマが好きだったの?
 
佐藤
そうですね。報道よりかはお笑いやドラマが好きです。エンターテインメントとしてのテレビが面白いと思いますね。ジャーナリズム精神とかは自分の中ではあまりないと思っているので(笑)
 
成瀬
佐藤もこの間言ってたけど、そういったエンターテインメント系の番組が伸び悩んでテレビが斜陽産業と言われてしまっている。そういう問題意識もあるんだよね?
 
佐藤
「テレビ業界に入りたい」っていうと「斜陽産業だからやめといたら?」って返されたりすることもあって。でもテレビ産業にはこれからも残って欲しいし、業界に対してマイナスイメージじゃなくて希望を持てるようになってほしい。
 
成瀬
最近よくネットニュースとかでもバラエティの視聴率が落ちてるとか言われてるよね。
 
佐藤
そうですね、より多くの人にテレビについて詳しく知ってもらうことでそういった状況が改善されてほしいなという願いを持ってます。そういう思いでこの企画をやってます。
 
テレビ企画のコンテンツ
成瀬
当日のコンテンツについて教えてくれますか?
 
佐藤
一部お伝えすると、パネルディスカッションで卒業生の方が考える今後のテレビのあり方やテレビの必要性についてお伺いするという形です。今テレビ以外にもNetflixのような新しい媒体やYouTubeなどが出てきている中で、テレビはどのように生き残っていくのかなどを考えていただきたいと思います。その後はワークショップで、卒業生の方と一緒に番組の企画を考えていくっていうものを考えてます。これ今1番力入れてるので参加者の皆さんにはぜひ楽しんでもらいたいです。
 
成瀬
学生だけで考えるって難しいけど、卒業生の方の目があることで刺激になるよね。最後にこの企画の推しポイントをお願いします!
 
佐藤
急に投げられた感じですけど…(笑) そうですね、お堅い感じではなく楽しみながらテレビについて知ってもらえればと思います!

 

 

【第14回東大卒業生と語る会】 【テレビ企画】

■日時:2017年12月17日(日) 13:00~17:30(予定)

■会場:東京大学駒場キャンパス 21 KOMCEE West

■注意事項
※参加費無料・服装自由・途中入退場自由

■参加方法
こちらから事前の参加申し込みをお願いいたします。https://docs.google.com/forms/d/1_WX3EOvC9Zs8C27A27RS2M8njm-swsgY2s5rONbnLAM/

【テレビ企画】

テレビを作るとはどのような仕事なのでしょうか。

普段テレビは「見る」ものでしかないはずですが、このテレビ企画は「作る」ものとしてテレビに接する時間を提供します。

実際にテレビ制作に関わる卒業生の日々の仕事、表には出てこないその努力、情熱、そしてさらには彼らの考える今後のテレビの行く末を間近に見ることができます。

知れば知るほど面白くなるテレビの魅力を感じることができるまたとないチャンスです。テレビをこよなく愛する人、テレビを好きになってみたい人、かつてテレビが好きだった人、すべてのテレビっ子の参加をお持ちしています。

<卒業生情報>
寺 記夫 様
(2001年、東京大学教育学部卒業)
フジテレビジョン勤務

大学卒業後、システムエンジニア、ITベンチャーを経て2010年フジテレビジョンに中途入社。

デジタル担当として、新規インターネット事業の立ち上げに携わる。
番組関連では、ポップカルチャーを紹介する深夜バラエティのプロデューサーを経験。

現在はニュースメディア事業を主に担当。

<タイムライン>
13:00〜13:10
〈オープニング〉

13:10〜14:25
〈グループディスカッション〉
卒業生の方々の経歴、今熱中されているお仕事、ご職業を目指したきっかけ、 などテレビを作る方々の魅力的姿勢を伺います。

14:40〜16:00
〈パネルディスカッション〉
これからのエンタメとしてのテレビのあり方、なぜ人にはエンタメとしてのテレビが必要なのかについて論じていただきます。

16:10〜17:30
〈ワークショップ〉
職業として、エンターテイメントとしてのテレビに関わるとはどういうことかでしょうか?
卒業生と番組づくりのワークショップを通じて体験します。

※終了時刻・コンテンツは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

この他にも、同日12月17日(日)には、お金企画、留学企画を開催いたします。
詳しくはこちら