【11月11日開催第25回交流会】グループディスカッションとは?

交流会のメインコンツは、卒業生と学生のグループディスカッション。
でも「どんな雰囲気なのか想像がつかない…」「うまくディスカッションできるか不安…」
と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は交流会のグループディスカッションについて少し詳しく説明させていただきます。

今交流会では、4回のグループディスカッションが用意されていて、それぞれにテーマがあります。
そして2人の卒業生、4人の学生が1グループとなり、そのテーマにそってディスカッションをしていきます。
(多くの卒業生とお話ができるよう、途中でのグループ移動があります!)

とっかかりやすく、そして学生がこれからのキャリアを考えるにおいて有意義になるようなテーマを設定しています。

そして重要なのが、ファシリテーターの存在です。
各グループの学生4人の中には、ファシリテーターが含まれています。
フランクに話せる雰囲気作りをしたり、有意義なディスカッションとなるようリードしたりさせていただきます。「うまくディスカッションできるか不安だな…」と思っている方もご安心ください。

第25回交流会は、11月11日(土)に駒場生協食堂2階で開催されます。
みなさんのご参加お待ちしております。

【交流会の詳細・お申込みはこちら】
(共催の東京大学キャリアサポート室のページに移ります)
http://bit.ly/2wT7H0V
※【参加予定】にするだけでなく、フォームからのお申し込みを必ずお願いします
※前期教養学部1年の方は、学籍番号冒頭のアルファベットを「0(数字のゼロ)」に置き換えてお申し込みください。(例:J1234567→01234567)

【交流会とは】
交流会は、総勢300人程度の学生と卒業生が一堂に会する大規模交流イベントです。
6月頃(本郷キャンパスにて)と11月頃(駒場キャンパスにて)の年2回開催されます。
東京大学、東京大学三四郎会、東大ドリームネットが共同で企画・運営する東大生のためのこのイベント。気軽に、そして本音で卒業生と語り合い、自らのキャリアを主体的に選択できるようになることを目的としています。