【終了】第12回 卒業生と語る会 開催決定

【12/18(日)】駒場キャンパスにて3企画行います!

①官僚企画 『官僚』を見つめる
②報道企画 報道メディアと未来
③地方企画 東大交差点~『どこ』から来て『どこ』へ向かうか~
の3企画を開催します。(お申し込みはコチラ!)

企画概要

日時:2016年12月18日(日)
※企画開催時間が企画によって異なります。ご注意ください。
※詳しいタイムラインは順次お知らせいたします。
会場:東京大学駒場キャンパス
   21 KOMCEE West
申込:こちらのフォームにて申込お願い致します。
※参加無料、服装自由、途中入退場可

企画詳細

①官僚企画 『官僚』を見つめる
官僚に対してどのようなイメージを持っていますか?
エリート、堅い、激務、天下り……。そのようなイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
官僚企画では、官僚として働く卒業生と直接対話できます
官僚という仕事に抱くイメージ、疑問、なんでもぶつけて
私たちと一緒に”官僚”の実際を知り、より良いキャリア選択を実現しましょう。

②報道企画 報道メディアと未来
新聞、テレビ、スマホと報道メディアは変わり続けています。
報道企画では、実際に報道に携わる方々の流儀や葛藤をお話しいただき、その後学生のみでこれからの時代にマッチしかつ自由な報道を可能にするnew mediaを創るワークショップを行います。
10年後のメディアを作るのは、あなたのアイデアです。

③地方企画 東大交差点 ~『どこ』から来て『どこ』へ向かうか~
地方企画では、実家、地元、地域、地方…その関わりに生きる卒業生のリアルな体験と思いに迫ります。
よくクローズアップされる「地方活性化の成功事例」ではなく、その裏で動く思いー地元への愛憎の揺れ動き、家族への感情、活性化とは何なのかという迷い、これからの野望…ーに着目することは、都会と田舎、理想と現実の狭間に生きる私たち多くの東大生のもやもやに新たな視点をもたらしてくれるはずです。

東大卒業生と語る会 とは?

自分の興味・関心のある分野について、その分野に精通した卒業生の方々と一緒にパネルディスカッションやワークショップを通じて深く知り・感じ・考えることのできる場
それが「東大卒業生と語る会」です。

最先端で活躍なさっている東大卒業生に会い、話し、共に考えることで、自分の将来について真剣に考えてみる一日にしてみませんか?

「知の創造的摩擦プロジェクト」では、職種や業種を越えて、一人ひとりの卒業生が持っている価値観・生き方と触れ合うことが出来ます。その出会いを通じて、学生が様々な選択肢に触れ、自分が納得の出来る生き方を探すことが、当プロジェクトの目的です。

お申し込みはコチラ!