第2回プチ交流会申込開始!

【4/16(土)開催】
東大卒の指揮者?!


第2回プチ交流会は、東大卒の”指揮者”として国際的に活躍されている木許裕介さんをお招きします!

木許さんには、学生時代の経験や指揮者という職業を志した経緯などを語っていただきます。フィリピンやカンボジアなどで木許さんが尽力されている「音楽を通じた国際交流」という点についてもお話を伺う予定です。

「東京大学を出てなぜ指揮者に?」

そんな問いを向けてみると、木許さんは笑いながら、「東大に入らなければ指揮者の道を志すことはありませんでした。」とおっしゃいます。そこで出会った友人たちや、師匠と仰ぐことのできるような先生方との出会いが、どれほど木許さんの人生の決断に影響を与えてきたか。一方で東京大学を休学してジャーナリスト・立花隆氏の助手として見聞きした世界がどれほど衝撃的であったか。ただ大学生活を過ごしているだけでは想像もできないほど、波瀾万丈かつ魅力的なお話を沢山して頂けると思います。

今回は対談形式!

第2回プチ交流会は、対談形式を採ります。今回、木許さんと対談していただくのは、東京大学教養学部特任准教授である岡田晃枝先生です。岡田先生には、木許さんの学生時代を振り返って頂きます。実は岡田先生は、木許さんが大学一年生として入学した頃からずっとその成長を近くで見つめてきた先生でいらっしゃいます。先生は基礎演習や方法基礎といった前期課程の必修科目に加え、初年次教育の分野に長く携わり、たくさんの学生たちの成長や卒業を見てこられました。そんな先生の目に、木許さんはどのように映っているのでしょうか。教え子の中でも例がないほど「ぶっ飛んだ」選択をしてこられた木許さんの魅力や個性を、教員としての視点から縦横無尽に語って頂く予定です。

ワクワクするようなことをして生きていたい。

「このあいだもマニラでカルミナ・ブラーナを指揮してきたのだけれど…」と目を輝かせながら話してくださる木許さん。やりたいことをやって日々を過ごしている人は本当に魅力的です。人生にはこんな選択肢もあるのだ、ということを、木許さんのお話を伺うことで実感できるでしょう。今回のプチ交流会は、私たちが学生時代にできることや自分のキャリア選択について、新鮮な形で考えることが出来る機会になると確信しています。

~開催概要~

【日時】4月16日(土)
【開場】13:30
【講演時間】14:00~17:00
【場所】東京大学駒場キャンパス
※参加無料、服装自由
※申し込みは下記のURLから
http://goo.gl/forms/PSedfBc66i