【東大卒業生と語る会 スポーツ企画】統括インタビュー


スポーツ企画 HP用

 

【5月13日(日)開催 第15回東大卒業生と語る会 スポーツ企画 統括インタビュー】

 今回は、第15回語る会スポーツ企画を企画した東大ドリームネット3年の倉西さんのインタビューをお届けします。

インタビュアーは同じく3年の成瀬がつとめます。

スポーツ企画の詳細・お申し込みはこちら

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

成瀬:
早速企画に関してお聞きしますが、どうして今回「スポーツ企画」を企画したのですか?

倉西:
一つは、僕がスポーツを観るのが好きでスポーツ業界というものに興味を持っていて、その中で
日本と海外の「スポーツ」の違いというものに問題意識を感じてきたからです。

成瀬:
具体的には例えばどういう違いがあるんですか?

倉西:
大きいのは、例えば設備の違いやお金の使い方の差ですかね。スタジアムの規模などは日本と比べものにならないものがあるし、お金はチームの環境に大きく影響します。

成瀬:
つまり
日本のスポーツ界が遅れているという…?

倉西:
ある一面ではそういうこともあると思います。

もう一つはいつも観ているスポーツの裏側を知りたいということです。プレイヤーだけではチームもスポーツ業界も回っていかなくて、それを支えるマネジメントや広報など、一般に知られていないことがたくさんあると思うんです。

成瀬:
確かに。僕もサッカーの日本代表の試合を観ますが、今言ったようなプレイヤー以外の面を考えたことはありませんでした。

倉西:
そうですよね。そういう裏側を知れば、今までとは違う見方ができて視野も広がるんじゃないかと思います。

成瀬:
では当日はどのようなことをするんですか?

倉西:
まず、スポーツチーム、特にプロサッカーチームのマネジメントなどに携わられている卒業生をお呼びして、どうしてそのような道を選ばれたのかや現在のお仕事内容などのスポーツ業界の裏側について少人数のグループごとにお話を伺います。

元現役プレイヤーの方もお呼びする予定です!

成瀬:
そういう方々のお話を伺える機会は貴重ですね。

倉西:
やはり
スポーツ業界はマイナーだと思うんです。なので少しでも多くの人に知ってもらいたいなと。

また、卒業生の方が考える未来の日本のスポーツ界についても、現在の日本と海外のスポーツ界を比べつつ語っていただこうと思います。

成瀬:
最後に一言。

倉西:
他では伺えないようなことを聞けると思うので、みなさんいらっしゃって損することはありません。来た方がいいと思いますよ!笑

成瀬:
自信満々ですね笑 

当日楽しみにしています。本日はありがとうございました。

倉西:
ありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そんな倉西さんが企画するスポーツ企画の詳細はこちら↓

■□企画情報■□

■日時:2018年5月13日(日)  14:00~17時00分(13時30分より受付)
■会場:東京大学駒場キャンパス 21 KOMCEE West
■注意事項
参加費無料・服装自由・途中入退場自由
■参加方法
こちらから事前の申し込みをお願いいたします。

※スポーツ企画へお越し下さる卒業生情報などはこちら