東京大学「知の創造的摩擦プロジェクト」第15回講演会 *東大生限定

講演会とは?

2019年7月13日(土):第15回講演会 脳科学✖️心理学

社会の第一線で活躍する東大卒業生と現役学生が集う講演会。東大ドリームネットが東京大学、東大三四郎会(卒業生同窓組織)と共同で企画・運営しています。2007年の初開催から、今回で15回目。今回の講演会では、最先端の脳科学・心理学研究に携わっている3人の東大教授の方にお越しいただき、最先端の研究内容から私たちの生活に関わるお話まで幅広くしていただきます。

講演者紹介① 今水寛 教授

1992 年 3 月 東京大学大学院人文社会系研究科心理学博士課程 単位取得退学 【1995 年博士(心理学)取得】
1992年4月 – 1996年9月 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)人間情報通信研究所 奨励研究員
1996年10月 – 2001年9月 科学技術振興事業団 川人学習動態脳プロジェク ト 計算心理グループリーダー 2001年10月 – 2010年3月 ATR人間 情報科学研究所・脳情報研究所 認知神経科学研究室 主任研究員・室長
2010 年 4 月 – 現在 ATR 認知機構研究所 所長(2015 年 9 月より兼任)
2015 年 9 月 – 現在 東京大学 大学院人文社会系研究科 教授
2019 年 4 月 – 現在 東京大学 大学院工学研究科 人工物工学研究センター 教授 (兼任)

 

 

 

講演者紹介② 多賀厳太郎教授

1989 年 東京大学薬学部卒業
1994 年 東京大学大学院薬学系研究科 博士課程修了、博士 ( 薬学 )
1994 年 京都大学基礎物理学研究所 日本学術振興会特別研究員
1994 年 ボストン大学神経筋研究所 日本学術振興会特別研究員
1995 年 東京大学教養学部基礎科学科 第一 助手
2000 年 東京大学大学院教育学研究科 講師
2004 年 東京大学大学院教育学研究科 助教授 ( 准教授 )
2009 年 東京大学大学院教育学研究科 教授
( 客員 ) カリフォルニア工科大学、チューリッヒ大学病院、コンラートローレンツ研究所

 

講演者紹介③ 榎本和生教授

1997 年 3 月 東京大学大学院薬学系研究科 博士課程修了(井上 圭三教授)
1997 年 4 月 東京都臨床医学総合研究所 研究員(梅田 真郷室長)
2002 年 5 月 カリフォルニア大学サンフ ランシスコ校 客員研究員(Yuh-Nung Jan 教授、Lily Jan 教授)
2006 年 5 月 国立遺伝学研究所 独立准教授
2010 年 4 月 大阪バイオサイエンス研究所 研究部長
2013 年 4 月 東京大学大学院理学系研究科 教授
2016 年 7 月 新学術領域研究「スクラッ プ&ビルドによる脳機能の動的制御」領域 代表
2017 年 10 月 世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)「ニューロインテリジェンス国際研究機構」副拠点長受賞

第15回講演会当日コンテンツ

東大教授3人×在学生
講演会詳細

2019年7月13日13時開始(12時半受付開始)17時終了(予定)
参加要件:東京大学の学生・教職員限定※大学院学生・含む
参加無料・ 途中入退場可・服装自由

  • 早く学んだものはすぐに忘れる。ゆっくり学んだものは長く記憶される。この仕組みは一体何なのだろうか。人間の運動記憶の仕組みに触れてみよう。

  • 赤ちゃんの頃にはまだ未熟だった脳。ヒトの脳はどのようにして発達し、形成されてきたのだろうか。ヒトの脳を計測・解析する最先端の手法とは。

  • ヒトの知性・個性はどのようにして生まれたのか?情動を理解することは可能なのか?脳の老化の仕組みとは?人間の根幹を担う究極の問題に迫る。

最新ニュース